「仕事」タグアーカイブ

タイで仕事を見つける

タイで移住者に最も需要のある仕事はITと教育です。タイのGDPは5000億ドルを超えていて、東南アジアでは2番目、インドネシアの次に大きな経済圏となっています。さらに、失業率が低いです。多くの経験豊富な専門家と英語のスキルを持った新卒者が増えていることから、新卒での就職は競争率が高いです。移住者は特にバンコクで、英語を教える仕事をすぐに見つけることができます。しかし、雇用主はまず、そのポジションにつけるタイ人がいないということを証明しなければなりません。さらに、有効な労働許可証と労働ビザを取得する必要があります。

タイで働くということ
移住者や旅行者がタイで働くことは可能です。英語の教師とダイビングインストラクターが最も需要のある仕事です。
タイの子供達は高いモチベーションを持っていることで知られています。タイで教師になるには、学位、経験、TEFL/CELTAやTESOLの認定証が必要な地域もあります。資格がないのなら、タイで教員養成コースを受講することができます。給料は地域にもよりますが、月30,000バーツと低いところからのスタートになります。バンコクでの給与は比較的高いです。それでもタイでの生活費はとても安いです。資格がなかったり、経験がない場合は、ボランティアの講師として働くことで、価値のある仕事の経験を得ることができます。移住者がボランティアのチューターとして働くにあたって、タイの学校を紹介してくれる組織やチャリティー活動を行なっている団体もあります。
ダイビングインストラクターは競争率が高く、仕事を見つけるのも難しいです。残念ながら、季節労働で、給料もよくありません。一方で、世界でも有名なダイビングスポットで仕事ができるというのは、とてもよい経験になります。一般に給与は月40,000バーツから80,000バーツの間ですが、季節や任務、売り上げやマネージャーによって異なります。

労働許可証
労働許可証を手に入れるのに最も簡単な方法の1つは、弁護士を雇って手続きを進めるという方法です。しかしこの費用は、約60,000バーツと高く、約6週間要します。1ヶ月から2ヶ月の仕事を探している人にとってはベストな手段とは言えないでしょう。手数料を取って、労働許可証取得のための全ての手続きを代行してくれる会社もあります。
教職で労働許可証を取得することは比較的簡単です。多くの企業や学校、大学がチューターを必要としているからです。教職とジャーナリズムの許可証は他の労働許可証とは異なります。ボランティアとして活動する場合でも、タイでは労働とみなされます。そしてどんなに小さな規模のプロジェクトであっても、外国人は労働許可証を取得しなければなりません。この制度をきちんと守りましょう。

仕事の申し込み
カバーレター、CV、面接
応募しようとしている会社が外国人を合法的に雇用しているかどうかを事前に調べておくことは重要です。タイでの仕事の応募の手順は西洋のものと似ていて、カバーレター、CVと3つの推薦が必要です。

CV
これは明確で簡単です。個人情報と、あなたがその仕事に適任である理由を記載するものです。スペルミスに気をつけ、あなたの家族の情報についても正しいものを提供しましょう。2ページを超えることはないはずです。

カバーレター
カバーレターは、あなたがなぜこの仕事に応募するかを端的にまとめたものです。公式な書類として、正式名称などを用いて完成させましょう。広告部門に応募する場合は、何か印象的なものにすると良いでしょう。

面接
面接は企業文化や応募する職種によってかなり違いがあります。会社のゴールと目標について調べておきましょう。面接中にあなたの目標と価値観について聞かれることもあります。また、Skypeでの面接も珍しくないです。

労働環境
給与、税金、休暇
労働契約書にサインする前に、英語に翻訳してもらうようにしましょう。そうすることで、労働環境について交渉するための助けになるはずです。勤務開始日と契約終了日、報酬、勤務時間、休暇制度も契約書に記載があるかをしっかり確認しましょう。
給与は職業によって異なります。企業によっては移住者用給与を適用している場合もあります。

労働時間
通常の労働時間は1日に8時間です。肉体労働の場合は1日7時間または週42時間となっています。大抵1時間の休憩時間が勤務スケジュールに組み込まれています。

国民の祝日と年次有給休暇
タイには1年に10日以上の国民の休日があります。週末と祝日が被った場合には、翌週の平日が休日になります。国民の休日には5月1日の労働の日が含まれていなければなりません。その他の12の休日は、タイ政府が認めている16ある祝日からその年の初めに選びます。これは西洋の祝日とは異なり、仏教国であることからクリスマスは含まれていません。1年間働いた労働者は最低でも6日の年次有給休暇を取得することができます。90日の産休は妊娠中の女性が取得可能で、45日間は有給休暇となります。

仕事の探し方
フェイスブックやインターネットを利用して応募することも可能ですし、友人や知り合いがタイにいれば紹介してもらうのも良いでしょう。タイでコネがなかったり、猥雑な手続きの費用を減らしたりしたい場合は、人材紹介会社を利用することが安心で安全に利用することができる手段です。

タイ就職活動の味方となる人材紹介会社

タイで就職・転職なら人材紹介会社キャリアリンクタイランド


タイバンコクでの求人求職はパーソネルコンサルタント


JAC Recruitment Thailand: タイでの転職・就職・人材紹介


タイ人の求人情報・人材紹介会社 | echoas


タイの就職・転職は、ディースタッフ


タイ・ベトナムの求人紹介および就職サポート Adecco


タイでの外国人のための仕事

タイで仕事を探している外国人にとって、求人は少ないかもしれませんが希望の光はあります。ここに長い間住んでいる人々は、ネットワークが仕事を見つける上で重要な要素の一つであるということをあなたに教えるでしょう。
タイで生活し、仕事をすることは多くの面でご褒美といえるでしょう。多くの外国人がタイへ移住している中で、バンコクは文化のメルティングポットとなり、小さな外国人コミュニティがいくつもあります。私はリヒテンシュタイン出身の人と出会ったことがあります。なんてクールなんでしょう。

たった今タイに入国し、仕事を探しているのなら、数多くの手段があります。はじめに、需要の多い職業と言語スキルや知識の面で外国人に合う仕事の一覧をご覧ください。他の仕事と比べて自由度が高いものもありますが、タイで就職活動をするのになんらかの洞察を提供することができるはずです。
以下はタイで需要が高く、外国人に向いている仕事です。

1. 英語の先生:タイでは常に英語の先生の需要が高いです。特にネイティブやそれに近い人です。英語の先生の求人に応募するときは、企業側はアメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、カナダなどの英語が母国語の人を好むということを覚えておきましょう。雇用主は多くの応募があると選考は厳しくなります。しかし焦らなくても、タイは英語教師の需要が高いので全ての人になんらかの職があります。
2. 教師/幼児教育の先生:もし教えることに長けていて、英語のスキルがあるのなら、あなたの専門エリア(数学、科学、アート、スポーツなど)はとても役に立つでしょう。
3. ホテル関係のマネージャー:広報や法人営業部門で外国人を雇用するホテルもあります。もしホテル業界で働いた経験があり、ホテルのターゲット層が話す言語を話せるなら、ホテル業界の仕事に就くことができるでしょう。例えば、パタヤには大きなロシア人コミュニティがあります。パタヤでロシア人に接客するためにホテルで働いているロシア人は少なくありません。
4. ツアーガイド/旅行代理店:大企業でない限り、外国人ツアーガイドとして働くことは禁止されています。しかしその法律にもかかわらず、多くの外国人がこの業界で仕事を見つけています。
5. コールセンター:正しい英語が使えるなら、バンコク、チェンマイ、プーケットの慎重なコールセンターで仕事を見つけることができるでしょう。「慎重な」というのは重要な単語です。この仕事はおすすめできませんが、あくまでもオプションとして考えてください。
6. ダイビングインストラクター/ダイビングマスター:海、砂浜、太陽が嫌いな人なんているんでしょうか。ダイビングマスターは、ハイシーズンが来る前に就くべき職業で、1つのダイビングセンターだけではなく、他にも仕事がないか当たってみましょう。
7. 不動産/施設管理人:タイの多くの離島では、施設を管理してくれる人を探しています。数が多くはありませんが、高級志向のお客さんが来るのです。給料はいいかもしれませんが、あなた自身がそこへ行かなければならず、そこにはいない施設のオーナーとの繋がりも持たなければなりません。
8. シェフ/コック:多くの外資系レストランやホテルはこの専門的なポジションに求人を出していて、特にシェフやコックは需要が高いです(中東の食事やヨーロッパの食事など)。
9. ミュージシャン:多くのホテル、カクテルバーやレストランは、人々を楽しませる才能のあるミュージシャンを必要としています。フィリピン人ミュージシャンはすでに活躍しているかもしれませんが、音楽的才能のある人は仕事のチャンスがあるでしょう。
10. Webデザイン/Webマーケティング専門家:オンラインやソーシャルメディアマーケティング、グラフィック、Webデザインは今タイで熱い職業となっています。今日、どの産業のどの会社もオンラインを活用する必要があり、すでに活用している会社もより良いものにするために専門家を必要としています。