「移住」タグアーカイブ

タイで働くための移住ガイド

タイに住み働くことは、一度でもタイを訪れたことがある人にとって、夢が叶うようなものだと思います。しかし、労働許可証の法律や規則を守らないことで、多くの移住者が毎年この夢を悪夢へと変えているのです。

労働許可証の全て
ここ数年で、労働許可証の法律や規則は変化し、いくつかのルールは以前よりも厳しく取り締まりを実施しています。
労働許可証を取得せずに働くなんてことを考えてはいけませんし、現在は雇用主や労働者に深刻な影響を与えてしまいます。雇用主により責任を問うかどうかは、まだ決まっていません。
違法に外国人労働者を雇った雇用主は、労働者1人につき400,000バーツから800,000バーツの罰金刑になり、違法に働いた外国人は、2,000バーツから100,000バーツの罰金又は最長5年の禁固刑となります。
重要:「違法就労」という言葉は労働許可証なしに働くことだけではなく、労働許可証で許可されている以外の仕事をすることも含まれます。不徳な雇用主の場合、禁止されている業務や許可証の取得が難しい業務をさせるために外国人を雇い、別のポジションで労働許可証を取得するというケースもあります。
もしあなたが労働許可証に記載されている仕事とは違う業務を行なっている場合、雇用主がどのような言い訳をしても、それは違法就労になります。

現在持っている労働許可証に、他の仕事の許可証を加えることは、外国人の就労が禁止されている業務でなければ、それほど難しくありません。
外国人に禁止されている業務:
カテゴリーA
1. 農業:稲作、塩農業
2. 商業:地域の農産物の国内貿易、土地取引
3. サービス業:会計、農業動物、建設、広告、仲買、オークション、理髪師、美容師、建築産業
カテゴリーB
1. 農業ビジネス:ラン、養殖、養蚕を含む畜産、建築用材、漁業
2. 工場制手工業:精米、製粉、砂糖、アルコールとノンアルコール飲料、アイスクリーム、製薬、冷蔵、材木、金、銀と埋石、木彫、漆器、マッチメーキング、セメントなど、ダイナマイトで岩を爆破すること、衣服や靴の製造、印刷業、新聞社、絹織物やシルク印刷、絹製品
3. 商業:カテゴリーCに分類されない小売業、カテゴリーCに分類されない貿易、食事や飲み物の販売、骨董品の売買
4. サービス業:旅行代理店、ホテル経営を除くホテル業、写真、クリーニング、服飾業とサービス業
5. 土地、水、交通
タイと外国が共同出資している会社では、タイの雇用法の知識外国人不足を利用することで知られています。労働事務所はたいてい、労働許可証の申請者がそのポジションにふさわしい、または少なくとも関連した経験があるということを求めています。
もしこのどちらも満たさない場合は、労働許可証の取得の手続きは簡単ではないでしょう。

タイで働くために知っておくべきこと
・労働許可証はあなたが申請して、雇用主が渡すことを拒否しなければいつでも手に入れることができます。
・雇用主があなたのパスポートを保管することのないようにしましょう。法律によって、パスポートを携帯することが定められています。多くの人々はコピーを持ち歩き、たいていそれが認められています。
・雇用主がソーシャルセキュリティー、保険やその他の健康保険を払っていて支払いが滞ると、仮にあなたの給与から差し引かれていてもあなたの保険は喪失になります。
・ビザや労働許可証の費用の支払いを求めてくる雇用主もいます。これはあなたが仮に数ヶ月で辞めてしまっても損益を被らないようにするためです。
ビザや労働許可証の取得は金額が高く、人の入れ替わりが激しい会社はその支払いが負担になってしまいます。会社はまずあなたに支払いを求め、給料と一緒に1年以上かけて払い戻していきます。このように会社から求められた場合は、なぜその会社がこのような手順を採用しているのか、なぜ外国人スタッフの入れ替わりが激しいか、その会社の方針があなたに合っているかを確認しましょう。

タイで働くために必要なビザの種類
タイで働く多くの人がノンイミグラントBビザを海外で取得し、期限が切れたら雇用ステータスに応じて1年の延長申請をします。
ビザを延長するには、所得税の支払い、最低給料の要件、その他雇用主が提供しなければならない書類が必要となります。
タイ人と結婚して、婚姻ビザがあれば労働許可証を取得することができます。リタイアメントビザや学生ビザで働くことはできません。

一般的な職場のエチケット:
タイは未だにヒエラルキーがあり、上司には敬意を表さなければなりません。
これは、あなたが母国で上司に接する時のマナーとは少し異なるかもしれません。
会社のオーナーやシニアマネージャーは、最大限の敬意を持って接することを期待していて、どんなに間違っていると明白なことにも反対してはいけません。これは妻、息子、娘、甥、いとこなど家族にも同じことが言えます。
職場の上司の家族にも上司と同じように接しましょう。あるタイの学校では、先輩教師の子供を王子様のように扱っているそうです。
タイの会社で働くと、莫大な手順とプロトコルがあり、それは無意味で時間の無駄だと感じてしまうかもしれません。しかしこの状況は近い将来に変化するとは思えません。タイで働きたいのなら、この状況に慣れるしかないでしょう。
タイ人と西洋人の同僚には隔たりがあることが多く、どれだけあなたが努力しても100%打ち解けることはできないでしょう。なぜならあなたはタイ人ではないからです。
あなたの給料がタイ人の同僚よりも高いことを彼らが知ると、いい気持ちはしないでしょう。そしてあなたのことを好きではないということを陰口を叩くことや面と向かって言ってくることで表すかもしれません。
もしタイ語を学ぶ努力をするなら、敬意を持って行動し、声を荒げたり、怒りを態度に表したりせず、礼儀正しくどんな支えにも感謝の気持ちを持てば、彼らはあなたを大目に見てくれます。あなたがいることで仕事が簡単に進むと、あなたの存在に感謝するようになります。
最初にあなたがタイ人の同僚を手助けすると、彼らから一種の忠誠心を引き出すことができるかもしれません。
もし同僚と仲良くしたいのなら、あまり真面目になりすぎないようにしましょう。タイは彼らのフランクな態度で有名で、全てを楽しく行いたいと皆が思っています。それは生活していく上では素晴らしいことですが、西洋人にとっては仕事上では受け入れづらいものかもしれません。
職場としては珍しいかもしれませんが、タイ人の態度は可能な限りストレスフリーにしてくれるでしょう。

雇用契約終了後、ビザはどうなりますか。
あなたのビザがノンイミグラントBビザなのか、雇用契約延長でビザも延長するかで違いがあります。
ノンイミグラントBビザを海外で取得した場合は、シングルエントリーもマルチエントリーも失効日までは有効となります。
・雇用契約延長で、滞在期間が伸びる場合は、その雇用契約が終了するまでタイに滞在することができます。
・雇用契約終了後は、その旨の書類を雇用主から受け取り、労働オフィスに労働許可証のキャンセルを申請しなければなりません。
・地域の移民局オフィスで7日間の滞在延長の許可を得た後、出国するか滞在期間を延長するかを申請してください。
・この規則は時折変更があり、例えばあなたが今の会社とは別の会社で働くための移行期間にあるということが証明できれば、滞在期間を延長することができるかもしれません。
まずは、7日間の猶予が与えられると考えた方が無難でしょう。:
雇用終了後タイを出国する場合は、この手順に従い、出国の際にトラブルにならないようにしましょう。
この手順を踏まなかった場合、その旨が記載されたリストに名前が乗ってしまいます。
あなたが滞在期間延長の期限切れの日と近い日に出国したり、再入国ができないビザの場合、移民局に疑われる可能性があります。
これは滞在期間延長の不正を防ぐためのものです。
・雇用期間の終了は、その旨を記載したものによって正式な方法で終わらせ、雇用主から必要書類をもらってから退職するようにしましょう。これは出国する場合でも、別の仕事に就職する場合でも同じです。
・雇用が終了したら、雇用主はPND91という、あなたの所得税の履歴のコピーを渡すことになっています。これは所得申告の証明になります。
・これは新たな滞在延長のために必要になります。もし雇用主が提供しない場合は地域の税務署でコピーをもらうことができます。
・もし雇用主が所得税を支払っていなかった場合はあなたの責任になりますが、税務署に対して自分の給料から所得税分が引かれているということを公式に報告すれば、当局が会社に調査に入ります。
・給与からの天引きを採用していない会社もあるため、必ずしもこの方法を使えるわけではありませんが、給与から何か引かれている場合はその旨を記載しているものを手に入れるようにしましょう。
・ビザの書類や労働許可証、そして適正な給与を払ってくれる職場を見つけることができれば、タイで生活し、働くことは素晴らしい経験になるでしょう。
外国人が滞在延長をするための最低限の給与は50,000バーツとなっていますが、教職には例外もあります。その他の専門職にこの例外は適用されません。